前へ
次へ

営業求人のアラを転職者も理解しよう

不動産業に就いていたのなら、その培ったノウハウを営業求人に活かしてみるのもありで、転職も考えに入れてみるのはどうでしょうか。
不動産業の営業は、個人営業です。
賃貸あるいは仲介などのジャンルがありますが、より専門性のある不動産投資においては、投資家や経営、管理委託会社などとの信頼関係によって成り立つため、経験者が優遇されます。
『こんなお得な物件すぐに見つからないですよ』とセールストークをしても、大きな買い物であれば検討するだけで先送りになりがちです。
不動産会社の営業求人の良さは、時間の使い方が個人裁量に任されていることにあるでしょう。
販売員として培ったノウハウがある人が転職するのも営業職かもしれません。
不動産会社の営業求人、仕事内容をチェックしてみれば、希望の条件に合った物件を紹介しますが、本当に購入できる物件か否か、予算からも考えた紹介をすれば時間も短縮できます。
内見したい物件があれば案内をしたり、資金計画となる予算を教えることも担います。
気に入った物件があれば、売り主と金額を含めて様々な交渉役も担います。
不動産業での営業マンにもやってくれないことがいくつかあるといいます。
適正な予算を教えない、高いからやめておきなさいと言わない、こうした営業マンもいます。
転職する者も、元が不動産業に精通していたのなら、不動産会社の仕事も理解できているでしょう。
物件を契約してもらって初めて報酬が発生するという、成果報酬の問題があるので、長い目でみたら、もう少し購入できる準備が整うまで検討を待ったほうがいいのも営業マンには分かっています。
しかし、契約が最優先なのも業界あるあるで、切実な問題でもあるのも事実です。
しかし、これからはサービスの質の変遷が必要で、『今回は見合わせましょう』と提案する営業マンの判断も必要だといいます。
これにより個人は、信頼、信用を確固たるものにするようです。
この営業マンになら相談できる、その評判は近隣にも広がるでしょう。
サービス業として、他の提案もできます。
準備から携わることにより新規顧客獲得になります。
例えば、親から援助をしてもらえないのか、他に資産がないのか、夫婦ローンを組むなどの提案もしますし、中古物件にプラスしてリフォーム・リノベーション事業についても説明をし、商品やサービスの契約に結びつけるといいます。

更衣室・個人ロッカー完備のため安心!

ライフスタイルに合わせた働き方も可能です
週1回から勤務できますし、終電あがりや短時間勤務もできるので学業などと両立しながら働けます。

経験者は給与面などでの優遇があります

種電後でも安全に帰宅できるので安心です
終電後に帰宅する場合は、専用車で送ってくれるので夜中に帰宅しても翌日に響く心配がありません。

初心者でも安心して始められるナイトワーク
丁寧に指導もしてくれますし、有名店のため県内外を問わず多くのお客様が来るので稼ぎやすい環境です。

給与の日払いもOKなのですぐに現金が手元に入ります

永久時給保証のため新人でも収入が安定します

Page Top